« イノシシのように、ネズミらしく | トップページ | 3,600円なり »

大吉

結婚してからは、0時過ぎから菩提寺に出掛けてお経を唱える年越しを過ごしています。
そのせいで、元旦は毎年お寝坊さん。
でもゆっくりとしたお正月は心が安らぎます。

いつものように、夫の実家(歩いて1分)に行って年取り行事をし、おせちをご馳走になってから、その後私の実家に顔を出しました。
そして実家の母と八幡神社へお参りにいって、おみくじを買うと…大吉でした。

正直、期待していなかっただけに嬉しかったです。
内容がとても心に染みたので、お持ち帰りしてきました。

記念に書き記しておきたいと思います。
辛くなったら、これを読んでまた頑張れるように。


------------------------------------------------------
第四十六番  運勢…大吉

春風の吹けば おのずと
山かげの梅も桜も 花はさくなり

心をかたくもって 一時の不運にあわてさわぎ思いまようてはいけません
本業をよく守って静かに ときの来るのをまちなさい
開運うたがいありません


神の教
神にそむいて背中を向けりゃ、前に悪魔が来て笑う
偶然と云うことはあり得ない。
原因が結果を生み、結果が又原因となり、世の中は原因結果の連続だ。
良いことには良い報い、悪い事には悪い報い、神の掟に寸分の狂いもない。
罪で作った財産は、不幸が怒って逃げていく。
先ず徳を積むことである。
------------------------------------------------------

う~む…深い…

ここ何ヶ月か、私が念仏のように唱えていた「因果応報」はやっぱり間違ってなかったと変な自信を持たせてくれる神の教でした^^;

一時の不運に惑わされず、本業にいそしみ、時を待つことにします。
だって、開運は疑いないのですから。うきょー!!


_003_1

神社の帰り道、参道脇の出店で綿菓子を買ってもらいました。
(あは、子どもみたいね)
久しぶりに食べた綿菓子は甘くてフワフワしていて、お母さんみたいな味でした。

|

« イノシシのように、ネズミらしく | トップページ | 3,600円なり »

「 ワッフル日記」カテゴリの記事

「日記・コラム・つぶやき」カテゴリの記事