« 嵐を呼んでいる? | トップページ | 台風前夜 »

たかが10円

主婦なので、ほぼ毎日スーパーに通っています。

昨日もいつものように象が目印のスーパーに行き、特売品を選んで買い、レジに並びました。
今の季節、ビールよりもチューハイの方が好みな私はいつものようにできるだけ特売の缶を選びました。

会計を済ませてレシートを確認すると、チューハイの値段が値札と違う。
108円のを買ったはずが、118円になってる。

一瞬迷ったけど(セコすぎかなって…)、でも…と思い直し、おばちゃん根性でレジの人に言ってみた。

すると、明らかに「たかが10円で」な応対で、「返品ですか、返金ですか」と聞かれ。
その態度にちょっとイラッ。
「10円返してくだされば…」と言うと、無言で10円が返ってきた。
レシートを返してくれそうな気配がなかったから、「レシートを…」と言うと、今度は「レシートはお返しできません」と言われてさらにイラッ。
「家計簿に必要なので返していただけますか?」
ここらでやっと私が不機嫌なのに気づいたらしく、いそいそと返してくれました。「金額が直っていませんが…」と言いながら。

あのレジの人、きっと分かってないだろうなぁ…
私がイラっとしたのは、金額を間違えたからじゃなく、「たかが10円で」という対応をしたからなのよ。
それと、間違いを指摘したお客さんを迷惑そうに扱ったから。

たかが10円を安くすることで、集客してるんじゃないの?
新鮮さ、サービス、売りは色々あるかもしれないけど、最初にお客さんの足を向けさせるのに安さは見逃せない。
だったら、もっと10円の重みを自覚して仕事してほしいと思うのよ。

それと、指摘しようかどうか迷った時に、敢えて言おうと思った一番の理由。
それは、私が買ったあのチューハイは、おそらく今日はずっと118円でレジを通るだろうと思ったから。
私が苦情を言えば、その後のお客さんは108円で買える。
でも言わなかったらきっと118円のまま。

私の仕事はサービス業。お客様は神様です。
クレームにはお礼を言い、敬意を表すべきだと思っています。

だからこそ、レジの人の応対には許しがたいものがあった。
「たかが10円」と思う意識の低さ、苦情を迷惑と感じる傲慢さ。

近所のスーパーだから、今後二度と行かないってことはないと思うけど、並ぶレジは選ぶだろうなぁ。


あぁ…これを読んでくれてる方々。

私のことも「たかが10円」でそんなに目くじら立てなくても…って呆れちゃいます?

|

« 嵐を呼んでいる? | トップページ | 台風前夜 »

「 ワッフル日記」カテゴリの記事

「日記・コラム・つぶやき」カテゴリの記事