« インド料理―ビスヌ― | トップページ | パンスト買いまくり。 »

期待のしすぎに、反省。

最近よく聴きに行っている「させぼ夕学講座」。

今日の講師は、期待大のリリー・フランキーさんでした。

正直、本もベストセラーになったし、何より題材が家族だし、
いい話してくれるに違いないっていう期待が、期待が…大きすぎた…

話し始めてすぐに、まず最初のハードルが来た。
「今日の講演のテーマが“家族”だって、今知りました」的な発言に、聴いてた私は「はい?」と聞き返さずにはいられない。

今日の講演でどんな話をするか、ひとつも考えて来なかったわけ??と耳を疑ってしまったわけで。

そして講演は始まった。
始まったものの、取り留めのない話が続き、数分後、次なるハードルはやって来た。
「今日は、あとで思い出した時に“リリーは何か家族の話してたな”ってくらいに思ってくれればいい」

あの~……。

(以下、心の叫び。)
お金もらって講演するんだからさ。目的持ってやろうよ。
講演会だよ。おしゃべりじゃないんだからさ~。聴いてる人に明確なメッセージを送ってほしいのよう!

その後、予定よりだいぶ早く質問タイムに突入し、聴講者の質問に1対1で答えつつ、それを全員に聴かせるという講演スタイルに、ついにギブアップ。
不本意ながら、途中退席いたしました。

今日の講座では、私が参加した中では最高の人出。
座席の感じから推測して、ざっと60人くらいは居たのではないでしょうか?

この60人の中でどれだけの人が、今日の講演に満足感を得たのか、ぜひとも知りたいものです。
今日初めて夕学講座を受講した人に、講演がいつもこんな調子だと思われちゃうと、正直つらいな~なんて私としては思っちゃったわけで…。

この記事を読んでくれた方、ぜひともコメント残してくださると嬉しいです。
私の感想とは真逆な人もきっといらっしゃるでしょうし。
「これこそリリースタイルでしょ!分かってないわね~。」とかね(笑)

一緒に参加した後輩はね、「リリーさんは深夜のラジオ番組向きですもんね~」と言っていました。
あとで聞いて、うんうん…とオーバーアクションで納得したのでした。
深夜のラジオ番組なら、私だって何の文句もないのよ。ほんと。

リリーさん本人に対する過度の期待と、「講演会はこうあるべき」っていう私のイメージとの差が今日の評価になってしまったのかな、と少しは冷静になった頭で分析しています。
私の中で熱しすぎた期待には多少問題あったと思いますけどね…。

それでも懲りずに今後も夕学講座には通いますよ!


あぁ~他の人はどんな風に感じたんだろう。
気になってしょうがない。

追記;
気になって、昨日の講演を聴いた人のブログをいくつか読んでみると、好意的な記事ばかり。
あぁ…変なのは私のほうかい?!

私の変人説、一気に浮上。

|

« インド料理―ビスヌ― | トップページ | パンスト買いまくり。 »

「 ワッフル日記」カテゴリの記事

「日記・コラム・つぶやき」カテゴリの記事