« 2006年5月 | トップページ | 2006年7月 »

ヘモグロビン不足

昨日もらった健康診断の結果。

やっぱりヘモグロビンが足りない。

どうりで最近、朝なかなか起きられないと思ったのよねぇ…
3階まで早歩きで上ると息切れがひどいし。

ヘモグロビンとは血液中の酸素を運ぶ車のような役割をしているわけだけど、この数が少ないと、ちょっとした運動にも酸素が体に十分に行き渡らず酸欠だったり立ちくらみになったりするわけです。

私のヘモグロビン値は恐ろしく低い。
検査した病院の先生から「よく普通に生活できるね」と感心されたほど。(私はお化けか?)

通常ヘモグロビン不足の対策としては、鉄剤(造血剤)を飲んで血を増やすのが一般的。
でも私の場合、造血剤を飲んでもあんまり意味がないのよね…
というのも、私の体は貯鉄ができない体質らしい。

貯金もできないのに貯鉄なんて…ねぇ?(かんけーないって。)

せっかく増やした血を蓄える力がないから、日々の食事でコンスタントに血を作る食べ物を摂取するしかない。

ない、ない…のだけど…。
緑黄色野菜、根菜類、適度なお肉(特にレバー)。
分かっちゃいるけど、こんな時ほど料理下手を恨めしく思うことはない。

誰か私のお嫁さんになってください。
料理上手な奥さんがほしいよ~

あぁ、つくづく主婦に向いていない私。

|

家出少年

ダンナちんが家出中です。

というか、強制収容ですな。


私がチョー忙しくて、携帯の電源を入れることすら忘れてる日に限って、何かあるのよねぇ…

早朝に出勤して、熟睡中のダンナちんとほとんど言葉を交わすことなく家を出ていたらば。
私の知らない間に体調不良になり、私の知らないトコロで入院していました。

あれからもうすぐ一週間かぁ。
家と会社と病院の三角州での生活は、さすがに気が滅入ります。

ダンナちんの居ない家はしーんとしてる。
出張の時とは違う、いつ帰るかも分からない人を待ち続ける心境で切なくなるよ。

家出少年よ。早く帰って来ておくれ。

|

8割の人が見ていた

対ブラジル戦占有率81.2%

昨日の日本対ブラジル戦。
瞬間最高視聴率は前半終了間際の午前4時45分から47分にかけての34.4%だったそう。

あの夢の時間帯ですなぁ…遠い目(-_-;

でもそれよりもすごいのは、その時間帯にテレビをつけていた人の8割の人がサッカーを見ていたこと。
このために早起きして、その日の仕事に多少なりとも支障をきたした人もいたはず。

そう。それは私のことです(笑)
午後になると、時折意識不明状態でした。

その反動か、今朝がたは恐ろしくあり得ない夢を見てしまいました。

なぜかまた試合をしている日本とブラジル。
そこに途中出場したのは、なんと私。
サムライブルーのユニフォームを着て、中田ヒデとコンビを組んでいましたよ(笑)

ワンツー!とか裏パス!とか、にわか覚えの用語もいっぱい出てきて。

あぁ…あり得ない。
なのに。さらに。

0-0のまま延長戦に突入。
延長55分に、勝ち越しのVゴール!
で、日本が決勝トーナメントに進むという歴史的な試合になってしまいました(汗)

…延長戦?しかもVゴール…日本式ですか??

ほんと、すみません。こんな夢で。
夢ってどうしてこんなにも自分勝手なのかな。しかも自分本位だし(笑)

でも、自分的に幸せな夢ではありましたけどね。


夢、夢というけど、以前はワールドカップに出場すること自体が夢だったわけで。
どれだけ長い時間をかけても、日本は実現してきたわけですよ。

決勝T。
今は夢でも、いつか夢じゃなくなる日が来ると信じて諦めず、夢は見続けないと!


私が出場するのはいただけないけどね。
第一、サムライじゃないし(笑)

|

この間会ったばかり

Toyota
トヨタの張副会長が会長に就任

つい先週、市役所の主催で講演会がありました。
ズバリ「張富士夫講演会」 -そのまんま(笑)

アルカスSASEBOの大ホールが満席になるほど盛況でしたよ。
光武市長の姿もありましたねぇ。

さすがにトヨタの副会長ともなると関心高いな~ってくらいの印象でしたが…昨日付けで会長に就任とのこと。

実は私、間近でお顔を拝見したんですよね~
役得っ!って嬉しがるようなジャンルの方でもなかったので、それほど注意深く見てなかったけど。
考えてみれば、“世界のTOYOTA”の会長になられたわけで。
結構すごくない?(>若者調)

利益(営業or経常)が1兆円超なんでしょう?
もっとよく拝んどくんだったー!

今からでもあやかれないかしらん?

|

負けちゃいましたね…

目覚ましは5時にセットしてたけど、4時過ぎに自然と目が覚めました。

1%の奇跡は99%の大方の予想の前に弾けてしまいましたね。
きっとこれを「順当」と言うのでしょうね…

中田選手がいつまでもピッチから去ることができないでいる姿が印象的でした。
 
日本―0勝2敗1分。
これが、偽らざる成績です。

でも、数字では分からない選手たちの頑張りは、しっかりとこの目に焼き付けたつもりです。

ニッポンのサムライたちよ。
頑張ったね。お疲れ様。

今はただ静かに、選手たちを労わりたい。
そんな気持ちです。

HideW杯F組-日本、決勝トーナメント進出ならず

|

ジューサーを買ったら

先月、念願のジューサーを買いました。

…と言っても、熱望していたのは私ではなく、ダンナちんです。

某量販店で、980円のかなりちゃっちいジューサーと、1,980円の適度にちゃっちいの(笑)
悩んだ末に適度にちゃっちいほうを買いました。

1ヶ月経った現在、すでに元を取り戻す勢いです。
ダンナちんの「ジュース作ろうか?病」のせいです。

夜遅く帰って来ても、相変わらず元気にジュースを作りたがる(笑)

「ジュース作るけど、飲む?」
「どうしても作りたいなら、飲んであげてもいいよ」

「一緒に作る?」
「手伝ってあげてもいいけど、作った人が後片付けしてね」

「…わかった。片付けるから飲んで!!」
「しょうがないから、飲んであげる」

(そこまでして作りたいのね…)
(その情熱をどうして家事の手伝いに活かせないのかしら…)
と心の中で思わずにはいられないのでした。

そんな私のタカビーな態度にもまったく動じず、ジュース作りに没頭するダンナちん。
時々、私の想像を超えてるよ…

でも、初めてジューサーでジュースを作った時の喜びかたがラブリーだったのよね…
だからかしらん?呆れるんだけど。なんか笑っちゃう。


お気に入りはイチゴバナナジュース。
糖分がたっぷり過ぎてありがた迷惑だって、私は3回に1回逃げてるけど、
そんなことはお構いなしに、どーぞどーぞと勧めてくる(笑)
本当に私のことを思うなら、お願いだから勧めないで~!

そんなこんなで、毎日おバカな攻防を続けてる私たちは、
実はイチゴバナナジュースよりも甘いのです。

なんちゃって。

|

笑う哲学者

笑う哲学者だけに、笑える話だろうと思っていたら、
内容が難しくて、笑えなかった…(笑)

今日のさせぼ夕学講座で講演した土屋賢二さんのお話です。

哲学って小難しくてキライ~と思われている方。
はい。
はっきり言って、意味不明なところもありました。

哲学者が哲学について語る。
興味のない人にとっては、この上なく苦痛であること請け合いです(笑)
今日の話に引っ掛けると、それこそナンセンス!ですよ。

土屋さんは「ナンセンスとは深淵なものだ」と言い、自ら「ナンセンス」を追求しているお方。
何でも、「意味があること」と「意味がないこと」の境目を探すのが楽しいらしいですから(笑)

なかなか共感しづらい楽しみだわ(笑)

話の内容はそれなりに面白かったですよ。(あくまでも私の感想ですけどね…)
問題は、内容よりも話し方ですね。
「あの~~その~~えーと~~」が1セットになって、定期的に繰り出され、
内容が聞き取りづらい箇所があったのが残念だったわぁ~

私は話を聴きながら、4月に聴いた茂木健一郎さんの講演を思い出していました。
同じような課題に対して答えを求めた時に、哲学と脳科学というそれぞれの立場からアプローチすると、全く違う見解になるんだろうな~という考えがぼんやりと浮かんだからです。

同じ課題、例えば「理解しているという状態」の判定をするとして。
脳科学の立場(茂木さんサイド)だと、「脳の中で、○○が××という状態になれば、脳科学の世界では理解しているという状態になる」なんていう回答が得られるだろうし。

哲学の立場(土屋さんサイド)だと、「脳の中で何が起こっていようとも、投げかけた質問に答えられれば、それは理解している状態であると言える」となる。

なんか、かなり分かりにくい説明になってしまったけど…
同じことを研究するにも、学問が違い、アプローチが異なれば、全く違う研究成果が出る、ということです。
だからこそ学問は面白いし、研究に一生を捧げる人もいるのですよね。

私にとっては興味深く、お勉強になった約2時間でした。
これで少しはアカデミックな考え方ができればいいのだけれど…

そんなことは全く期待できない、私の頭ちゃん。
今日の話も理解できているのかい?

哲学の見地から言えば、それなりに記事を書ける程度には理解できているみたいだし、
でも、脳科学の見地からは、頭に電気コードをくっつけて調べてみないと分からないだろうし…


…って。

こんなことを考えること自体が、ナンセンス!なんだってば!!

|

バランス棒

今夜はひとりぼっちです(涙)

仕事で外泊するダンナちんと「今日の出来事&おやすみなさい」の電話をしたところ。

とっても淋しいです。
そして、ダンナちんが居ないと、何にもする気が起きません。

晩ごはん…
ひとりだと本当に作る気になれず、夫の家でおかずを恵んでもらう。

洗濯…
いつもなら、私が干して、ダンナちんがたたんでくれるのに…
今日はどっちも私ひとりだぁ…

テレビ…
たっぷり時間があると、見る気にならないものなのねぇ~


ダンナちんは私のバランス棒を支えてるみたい。

いつもの私には時間がない。
家と会社の往復を繰り返す毎日の中で、ごはんを作り、掃除・洗濯をする。
私は何とか自分のための時間を作ろうと、効率と手際に頭を使う。

でも、いざ一人になってみると、時間があっても何にもしない。する気にならない。
私って根本的にグータラだから、いつでもできると思うと、いつまでもほったらかし。

ある意味、ダンナちんがいるからちゃんとした生活ができてる気がする。
ダンナちんの存在が、私の中の「グータラ」と「まとも」のバランス棒の均衡を保ってくれてるんだよね。


あなたがいるから、私は人間らしい生活をしているのですよ。
あなたがいるから、一人の時間も二人の時間も大切にしたいと思えるのですよ。

ひとりぼっちだから?
珍しくそんなことを考えてしまう。


…本人には絶対言わないけどね(照)

|

半リアルタイム

サッカーW杯 「日本vsオーストラリア」を、少し遅れ気味に見ています。

お風呂に入ってる間に始まっちゃった!
あぶないあぶない(汗)

DVDのタイムスリップ機能って便利だわ~
なんて感心しつつ、のんきに記事など書いていましたが…

お互いにボールの取り合い、奪い合い!
ボールの支配率は互角っぽいわ。

面白すぎて書くのに集中できない~~!!

なので断念します。

またあとで。

|

この歳でチャレンジャー

今日はダンナちんと一緒にアーケードを端から端まで歩く、半強制デートでした(笑)

ダンナちんはアーケードだけじゃ物足りなかったらしく、半ば強引にフレスタまで連れて行かれましたよ…
全ては私の運動不足解消のためと分かっていても、歩くの嫌い…しんどい…と文句ばっかり。

でも「アメとムチの帝王(勝手に命名)」がうちのダンナちん。
フレスタまで歩いたら、お楽しみが待っていました!
P1000001_131ことサーティーワン・アイスクリームでただいまキャンペ-ン中の「チャレンジ・ザ・トリプル!」
ダブルを注文すると、自動的にトリプルになるという魔性の女的魅力に満ちたキャンペーン(笑)
ちなみに今日のセレクトは…ダンナちん希望の“ベリーベリーストロベリー”、私のNO.1フレーバー“ロッキー・ロード”、そして初挑戦“パイナップル・ナッツ”。
サイズはジュニアとちょっと控えめ。でもコーンはワッフルコーンに格上げして、と。

ダンナちんの心配をよそにペロっと完食。
あぁ、こんな自分が怖いー

アイス大好きは自他ともに認めてますが、この歳になってなお、相変わらずトリプルを食べてしまう私って…(苦笑)
ダンナちんも少々呆れ顔……かと思いきや、そーでもない。
どこまでもノー天気な顔してるよ。おいおい。

あぁ~それよりも、それよりも。

明後日は健康診断だって言うのに~!
さっきまで覚えてたはずなのに、いつの間に頭から消えてなくなったのか…
ダンナちんのバカぁ!どうしてくれるのよう!

健康診断で私の体重が去年より10%以上UPしてたら、責任とってもらうから!
私の節制を知りながら、悪の道へ誘った罪で、お仕置きじゃ。

|

パンスト買いまくり。

先日はダイジャス(大塔ジャスコ)の店休日お買い得会。

これを利用しない手はないと、行ってきました。


目的はただひとつ。
在庫がゼロになってしまったパンスト。

おっちょこちょいなので、よく伝線させるし、よく破く。

少しでも安く買えれば…という軽い気持ちで行ったのだけど…
ジャスコのお買い得会ってチョー素敵!
金額が素敵(笑)


私の愛用品は定価で買うと525円。
高いけど、着圧感と履き心地で選ぶとどうしてもこの金額になってしまうのよね~

いつもは20%offプラス、ジャスコのお客様感謝デーの「さらに5%off」で買うのですが。
つまり399円で買っているのですが…

今回はすごい。
まず、4足1,000円の時点ですごい。
しかもその上「レジにてさらに20%off」の貼り紙!

1足200円の計算ですよ~!
調子に乗って8足も買ってしまいましたぁ(汗)


とはいえ…
お買い得品を買えたことには満足してるけど、
パンストのまとめ買いくらいで浮かれてる自分には、正直悲しくなるな~

|

期待のしすぎに、反省。

最近よく聴きに行っている「させぼ夕学講座」。

今日の講師は、期待大のリリー・フランキーさんでした。

正直、本もベストセラーになったし、何より題材が家族だし、
いい話してくれるに違いないっていう期待が、期待が…大きすぎた…

話し始めてすぐに、まず最初のハードルが来た。
「今日の講演のテーマが“家族”だって、今知りました」的な発言に、聴いてた私は「はい?」と聞き返さずにはいられない。

今日の講演でどんな話をするか、ひとつも考えて来なかったわけ??と耳を疑ってしまったわけで。

そして講演は始まった。
始まったものの、取り留めのない話が続き、数分後、次なるハードルはやって来た。
「今日は、あとで思い出した時に“リリーは何か家族の話してたな”ってくらいに思ってくれればいい」

あの~……。

(以下、心の叫び。)
お金もらって講演するんだからさ。目的持ってやろうよ。
講演会だよ。おしゃべりじゃないんだからさ~。聴いてる人に明確なメッセージを送ってほしいのよう!

その後、予定よりだいぶ早く質問タイムに突入し、聴講者の質問に1対1で答えつつ、それを全員に聴かせるという講演スタイルに、ついにギブアップ。
不本意ながら、途中退席いたしました。

今日の講座では、私が参加した中では最高の人出。
座席の感じから推測して、ざっと60人くらいは居たのではないでしょうか?

この60人の中でどれだけの人が、今日の講演に満足感を得たのか、ぜひとも知りたいものです。
今日初めて夕学講座を受講した人に、講演がいつもこんな調子だと思われちゃうと、正直つらいな~なんて私としては思っちゃったわけで…。

この記事を読んでくれた方、ぜひともコメント残してくださると嬉しいです。
私の感想とは真逆な人もきっといらっしゃるでしょうし。
「これこそリリースタイルでしょ!分かってないわね~。」とかね(笑)

一緒に参加した後輩はね、「リリーさんは深夜のラジオ番組向きですもんね~」と言っていました。
あとで聞いて、うんうん…とオーバーアクションで納得したのでした。
深夜のラジオ番組なら、私だって何の文句もないのよ。ほんと。

リリーさん本人に対する過度の期待と、「講演会はこうあるべき」っていう私のイメージとの差が今日の評価になってしまったのかな、と少しは冷静になった頭で分析しています。
私の中で熱しすぎた期待には多少問題あったと思いますけどね…。

それでも懲りずに今後も夕学講座には通いますよ!


あぁ~他の人はどんな風に感じたんだろう。
気になってしょうがない。

追記;
気になって、昨日の講演を聴いた人のブログをいくつか読んでみると、好意的な記事ばかり。
あぁ…変なのは私のほうかい?!

私の変人説、一気に浮上。

|

インド料理―ビスヌ―

松浦町の花徳ビル2Fにインド料理の店があると噂には聞いていました。
看板も目にしていましたが、例のごとく、ちっとも行く暇がなくほったらかしにしていたのですが。

今日、母と行ってきました。
今日は最初っから「おごってね」と先手を打っていたので、財布の心配はナッシング。

さんざんメニューと睨めっこした結果「ラジャーセット 1,500円」を注文。
メニューの写真を見る限り「これでお腹いっぱいになるの?」と心配になる雰囲気。

そこで母をけしかけ、店員さんに聞いてもらったら
「女性の方でしたら、大抵の方は満足されます」との答え。

待つこと数分。
出てきたナンの大きさにギョ!
Photo_9
顔よりおっきーよー。

顔のデカさを自負している私の顔でも勝てない、約1.5倍の大きさ。
それにカレーが2種類(エビベースとチキンベース)と、タンドリーチキンとライス。

とにかくナンが大きすぎ!
食べても食べても減らない。

カレーは結構イケました。
私が食べた辛さレベル2~3は、最初は甘く感じるのに、しばらくするとピリピリとしびれてくる辛さ。
この何とも言えない感覚がたまらない!(マゾかい?私!)

しかし、ナンは強敵だった…
結局完食できず、かぶりにしてもらいました。
かぶりなんておばちゃんのすることだと恐縮していたら、周りのお客さんもみんな同じ包みを手に帰っていました。(ひと安心)

明日のお昼ごはんは、このナンとレトルトカレーでしのぐことにしようっと。


追記:
店舗はかなり広めで、4人がけのテーブルが10はありました。
火曜日だったからか、お客さんはまばらな感じ。
でもお昼時は混み合うみたいですね。

|

なぜにレーズンがー!と思ったら。

先週久しぶりにケンタッキーでチキンを買った。
(正確にはテイクアウトしてきてもらった)

当然のごとく、ビスケットも併せて購入。

し、しかし。
自宅でいざビスケットを食べる段になってビックリ。
ビスケットの生地の中に、何か混ざってる…(汗)

焦りつつ確かめると、どうもレーズンぽい。
あぁ、苦手なレーズン…食べられないレーズン。

食わず嫌い選手権に出るなら第5候補の中には入るに違いないレーズン…。
オファーは無いけど(笑)

さっそくダンナちんに毒味(失敬!味見)してもらったところ、やっぱりレーズンらしいと言う。
仕方ないので食べるのを諦めて、翌日職場の後輩へ進呈することに。

事情を説明してビスケットを渡すと、かなりのハイテンションで喜ばれたので、私としても「あげてよかったわ~」なんて自己満足に浸っていたところ。
後輩がレーズンじゃないと言い出した!

ネットで検索してみると、実はこの紫がかったつぶつぶの正体はクランベリーだった!

そうと分かると、一度進呈したはずのビスケットは再び私の手に。(というか口に。)
ブーメラン並みに早いお帰りで…(笑)

喜んで損したよね…ほんっとカタジケナイ。

しかし…
私的にビスケットは、あくまでフツーのビスケットでいてほしいのでありますよ。

以前にもパンプキンビスケットになってたことがあったけど、その期間だけ私の消費量は激減してた気がする。
せめて2種類作ってくださいませ。

切に願う、今日この頃。

|

久々のプレゼン

プレゼンと言っても仕事ではなく…
年に一度の海外旅行の計画で、ダンナちん相手にプレゼンしたんですね~。

ウチの旅行計画の立て方はちょっと変わってるかも。
ちょっとだけ、覗いてみます?


続きを読む "久々のプレゼン"

|

おばチックパーマ

先々週、久しぶりに美容院に行きました。

しばらくストレートで伸ばし放題だったので、反省してちょっと手入れをすることに。
手が掛からないように、パーマをかけることにしました。

いつも通っていた美容院に行くのが面倒で、ついつい浮気…。
家の近所にある美容院に行きました。
決め手は自宅の郵便受けにリニューアルオープンのチラシが入っていたこと。

あぁ…私の説明不足なのか、思い描いたイメージの相違なのか…
仕上がりがかなりビミョーな感じに。

鏡に映った自分に向かって、心の中で「おばちゃんだ…これはおばチックパーマだ」とつぶやかずにはいられなかった…
でも、一度かけてしまったパーマに文句をつけるのも躊躇われ、結局そのまま退散しました。

でも意外や意外。
この自称おばチックパーマに対するダンナちんの評価は上々。
なんで?
あなたの好みがわからないわ、私。

でも、「大丈夫。かわいいよ。」の慰めに、ちょっと気が晴れたりして。(単純!)

2週間経った今は、ぐりんぐりんだったウェーブも少しは落ち着いたし、何とか納得できるセット方法も編み出したし、人前に出ても恥ずかしくなくなりました。

髪は女の命と言うけれど、髪型がキマらないと本当にテンションが下がります。
安易な浮気の代償は大きかった…

美容院選びはくれぐれも慎重に。

|

行ってきました。ららら!

Photo_10今日はダンナちんと一緒に、戸尾町の「ららららーめん」に行ってきました。

オーソドックスに「白」を注文。麺のかたさは普通で。

注文してから出てくるまでがはやっ!
たぶん1分くらいだったと思う…。

さっそく食してみました。


思ったよりパンチがない。
金ちゃんで感じたような「あ、おいしい」って感覚が感じられない。

スープのべたつきも気になる。
コクとは違う、喉に感じるべたつき感。

焼き豚もパッとしないなぁ…
ジューシーさより脂っこさが強め。

…ってなわけで、私のらららの評価は今ひとつです。


ダンナちん曰く「麺王」に似てる、らしいです。

私的には、金ちゃんのが上かなぁ…

とは言っても、機会があったら次は「黒」か「赤」に挑戦するけどね。
最終判断は、全種類を制覇してから。

|

しばらくお休みしてました^^;

前回の記事から一体どれくらい経ったのでしょうか。

あまりにも長い「ロングバケーション」に、ブログの訪問者も目に見えて目減りしてしまいました。
悲しいやら、情けないやら…

原因は、どうやら過労のようで…。
体は疲れているのに、神経はギンギンに冴えて眠れない日々が続き、しまいには体が悲鳴を上げてしまいました。
それでも仕事はするんだなぁ(笑)

フラフラしながらも仕事だけは意地でこなす毎日を過ごしていました。

今日から6月。
体の調子も戻ってきたし、気分も新たにまた更新しますので、よろしく~!

|

« 2006年5月 | トップページ | 2006年7月 »