« これって恋? | トップページ | させぼ、佐世保、SASEBO! »

ひと足先に試写会で「海猿」

Photo_1
海猿―LIMITED of LOVE―オフィシャルサイト

今日、GWの公開に先駆けて、ひと足お先に試写会で「海猿」を見てきました。

いや~、2時間なんてあっちゅーまでした。
気がついたらエンドロール…映画ってすごいわ。

この先はネタばれになるかもしれないので、知りたくない人は読まないようにご注意を。

内容は…と言うとね。
「プチタイタニック」もしくは「ポセイドンアドベンチャー風?」

設定はありがちでした。
はっきり言って、「あ~映画だから、このくらいの設定(はじけ方)もありかな」って感じで。

ありそうでなさそうな状況設定。
次から次に襲い掛かる不運。
それに立ち向かう主人公。
見守るヒロイン…。

文字にすると、とっても陳腐に見えてしまう…

でも、つまらなかったなんてことは決してなくて。

後半は知らないうちにハンカチ握りしめてました。
「もういいでしょ、その辺で助けてあげて~!」と叫べるものなら叫びたかったくらい。
ひとつ問題を片付けたら、すぐにまた次のアクシデントに襲われて。
その繰り返しで気も休まらない(汗)

ひとりで行ったもんだから、隣の人に同意を求めることもできず、ましてや感動を共にすることもできず、最後は寂しくひとりでエンドロールを眺めていたのでした。
やっぱり映画は二人以上で見ないとつまらないと改めて感じましたよ。
感想を言い合う相手が居ないのは本当に寂しかった…(泣)

それにしても、ともかく良かったのは、ハッピーエンドだったこと。
お金出して(正確には出してないけど…)時間を割いてわざわざ映画を見るのに、悲しい別れとか主人公が幸せにならない話なんて絶対にダメ、許しません!

主人公のヒロインへのプロポーズシーンでは、不覚にもうるうるしてしまいました。
極限状態の人の言葉だけに胸にしみました。

それと、すごかったのはやっぱり船内の救助シーンでしょうか。
時間とお金をかけた映画ならではの迫力ある映像に吸いこまれました。

期待を裏切らない出来栄えだったと思いますよ(^-^)v
GWにおヒマな人は見に行ってみては?


追記:ドラマの時も感じたけど、男くさい映画なのでヒロインの加藤あいがめちゃめちゃ可愛く見えた。
加藤あいは絶対このヒロイン役で得してる、と思う。
(実際ちょっと羨ましかったりして…)


|

« これって恋? | トップページ | させぼ、佐世保、SASEBO! »

「 ワッフル日記」カテゴリの記事

「日記・コラム・つぶやき」カテゴリの記事

「映画・テレビ」カテゴリの記事